Pocket

栄養豊富な穀物やフルーツを手軽に食べれる、シリアルの一つ『グラノーラ』。
日本でも、スーパーやコンビニなどで手軽にバリエーション豊かなグラノーラが手に入るようになりました。
健康や美容に敏感な芸能人やモデルさんをはじめ、日本を代表する大物俳優の高倉健さんも10年以上グラノーラを愛用されているそう。
世界中で朝食やおやつとして愛されているグラノーラについてご紹介します♪9386

グラノーラってなに?

*グラノーラの起源

『granola(グラノーラ)』は
『Granule(グラニュール)』訳:粒粒  と 『Grains(グレイン)』訳:穀物  を合わせてつくられた造語で、日本でもおなじみの『ケロッグ』のケロッグ博士によって商標登録されています。

*アメリカ発祥の健康食品

19世紀後半のアメリカはとても健康食品への関心が高かった時代。
そんな中、健康食品として開発されたグラノーラやシリアルは健康に良く、牛乳をかけるだけで食べれる手軽なことから、アメリカで朝食の定番となりました。
現在ではアメリカのほぼ半分の家庭で毎朝シリアルやグラノーラが食べられています。

*グラノーラの作り方

オーツ麦(オートミール)などの穀物に蜂蜜やメープルシロップなどと植物油やナッツなどを混ぜてオーブンで焼いたものにドライフルーツなどを加えて作ります。
市販のグラノーラに好きなドライフルーツやナッツをプラスして自分好みのグラノーラにアレンジしてみるのも楽しいですね。

*グラノーラの材料

グラノーラの材料は、穀物と油脂や甘味、ナッツにドライフルーツを加えるのが一般的なかたち。
甘味だけでも、蜂蜜やブラウンシュガー、メープルシロップなどたくさんのものが選べるので、お好きな味を探してみてはいかがですか?

 

グラノーラを食べるとどんな良いことがあるのか? 気になりますよね^^

*腸内美人になれる

7954
グラノーラの主原料となるオーツ麦は食物繊維がたっぷり白米の約22倍も含まれている食物繊維の宝庫♪
便秘で肌荒れが気になる!なんて方にはとくにおすすめです。
オーツ麦のみで作られているグラノーラ1食50g程度で十分な食物繊維をとりすぎると逆効果になることもあるので、気を付けてくださいね。

*日本人に不足しがちな栄養素が豊富!

日本人に不足しがちな栄養素の代表、鉄分・カルシウム・食物繊維。
主原料となるオーツ麦だけでも、白米に比べて食物繊維が22倍、鉄分は5倍、カルシウムが9倍も含まれているグラノーラで手軽に栄養バランスを整えてみてはいかがですか?

*アンチエイジングに効果大

8086
グラノーラにはアンチエイジング効果の期待できる抗酸化物質がたっぷり。
くるみやアーモンドなどのナッツ類やドライフルーツはもちろん。
メープルシロップや抗酸化物質をたっぷり含む油などを使ったものを選べば効果は何倍にも♪
メープルシロップには、54種類ものポリフェノールが含まれているのも嬉しいですね。

 

美味しく食べて、いろいろな効果が期待できそうなグラノーラ。
世界中で愛されているのも納得です^^
グラノーラの美味しさはこのブログではお伝えできませんが、これから、たくさんグラノーラの情報をご紹介していきたいと思います。